堀専
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      
八ツ橋
とうとう4月も最終日。こんばんはDigDugでございますー。

さて8枚目の今回は特殊ケースなのでサクサクいきますね。
メールフォームから頂いたものからになります。
SS付という形だったので上手くご紹介できるかなぁ・・・
では以下本文です↓ドウゾー




キューティー金井vs金森麗子


泣き虫といわれたキューティー金井もいまやジュニアチャンピオン。
3人娘の指導役、越後しのぶ相手に、キャメルクラッチから必殺技のノーザンライトスープレックスで勝利した。
いまや、泣き虫のアイドルレスラーではなく「若手の壁」ですらある。


一方の金森麗子。
そのルックスからやはりアイドルレスラーとされる麗子だが、最近はメキメキと力をつけていて、実力的にも注目株。


となると、アイドルレスラー対決、というカードへの期待も高まって、金井と麗子は互いを意識し始める。


…そして、発表される『キューティー金井vs金森麗子』のノンタイトルマッチに、マスコミ記者が金井に取材をかけると、
「ふ~ん?今度の相手はれ~こちゃんなんだ?」
と、まるで知らなかった=意識もしてないよという発言。
先輩でありベルト保持者という自意識か。

一方の金森麗子は取材に対し、
「全力でぶつかるだけです!」
と力強く返すのだった。





そして試合当日。
リング中央に進んだ二人。
すると金森が金井をにらみつけ・・・

「金井さん!わたしは今日でアイドルレスラー卒業します。悪いですけれど・・・・踏み台にさせてもらいますね!」

『踏み台に』の前でゴクッと唾を飲み込んだ麗子だったが、意を決して言い放った。
ルックスでちやほやされるアイドルレスラーに満足できないということか、挑戦的な麗子の態度。
アイドルレスラー卒業、実力のアピールという意味では、チャンピオンとなった金井は、絶好の相手。
しかし、チャンピオン金井もこれには黙っていられない。
一気に視線が厳しくなると、麗子の前に仁王立ち。

「覚悟、出来てるんでしょうね?・・・・泣いて謝っても許してあげないんだから!」

どちらもアイドルと言われるに相応しい可愛い声だが、その調子にはまぎれもないレスラーのもつ激しさが満ちている。
アイドルじゃ終わらないっ!

にらみ合ってなかなかリング中央から動かない二人がやっとコーナーに下がったところで、ゴングが打ち鳴らされるのだった!




>レッスルエンジェルスのキャラは「レスラー」として魅力がなけりゃいかんわけで、「アイドルレスラー」も、そのルックスとは裏腹に闘争心をむき出しにする瞬間とかが輝いているのではないかと思うわけです。長くてすみません。本気でぶつかってみました。で、どこがリクエストなんだという話ですが、技絵欲しいなあ、と思う反面、リング中央でにらみ合ったり激しいセリフをぶつけ合ったりしている情景とか、試合後の金井が激しい視線で麗子を見上げる=麗子は勝ち名乗りを上げている、という情景も見てみたいなあ、と思うわけで・・・・でも、リクエストは一人一つということで、一応、試合開始直前のにらみ合い、を希望します。

れふさんからのリクエストでしたー。
わざわざお話まで書いて臨んでいただけるとは…。
今回の『全力リクエスト』という企画名に相応しく、全力できてくれたと思います。ありがとうございましたー。
果たして私自身がそれに答えることができたのかどうか怪しいところですg
試合パートも送って頂いたのですが、何故か文字化けが多くて残念ながら…

どちらもサバイバーではただのアイドルという扱いの2人ですが、私の中では上記SSのようなイメージに近いです(´ω`)
麗子も金井も旧作では強かったなぁ…



えー。今回を以ってリクエスト企画は終了となります。
長期に亘りお付き合いありがとうございましたー。
また機会があれば挑戦したいですね。

さて通常営業に戻りますか。いざ新境地へ(゚д゚)
      
トラックバック
トラックバック URL
http://digdug006.blog118.fc2.com/tb.php/35-7224dd77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。